簿記棒(読み)ぼきぼう

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 簿記で、帳簿に線を引くときに用いる切り口の丸い棒。丸棒。
※欧米曼陀羅雑記へへののもへじ(1928)〈石川光春〉一〇五「お巡りさんの唯一の商売道具太い簿記棒の様なやつを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android