籠行灯(読み)カゴアンドン

精選版 日本国語大辞典の解説

かご‐あんどん【籠行灯】

〘名〙 (「かごあんどう」とも) 細い竹で編んだ籠に紙を貼って作った行灯。
※歌舞伎・莩源氏陸奥日記(伊勢三郎)(1886)中幕「よき所に籠行燈(カゴアンドウ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android