コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢三郎 イセノサブロウ

世界大百科事典 第2版の解説

いせのさぶろう【伊勢三郎】

?‐1186(文治2)
源義経の股肱(ここう)の郎等。名は義盛。俗に義経四天王の一人。《玉葉》《愚管抄》《吾妻鏡》にその名が見える。《平家物語》などによれば,源平合戦に義経に従い,志度で敵将田内左衛門の率いる3000余騎を無血で武装解除させ,壇ノ浦で平宗盛らを生け捕るなど活躍した。伊勢国が生国とも父の生国とも伝え,父は二見の住で大神宮神主のかんらひ義連とも,伊勢の河島二郎盛俊(魚名流)とも伝える。もと,鈴鹿山の山賊とも,上野国で山賊を生業としたとも伝え,その戦法や《義経記》に描く風貌に悪党的なところがうかがえる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いせのさぶろう【伊勢三郎】

○?~1185) 鎌倉初期の武将。名は義盛。源義経の臣。屋島・壇浦の戦いに武功を立てた。のち伊勢に帰り、守護の首藤経俊を攻めたが、鈴鹿山に追われて自刃。いせのさむろう。
新歌舞伎十八番の一。「莩みばえ源氏陸奥日記」の通称。河竹黙阿弥もくあみ作。伊勢三郎と源義経との対面を描いた活歴物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

伊勢三郎の関連キーワード松島 庄十郎(3代目)莩源氏陸奥日記御所桜堀川夜討新歌舞伎十八番伊勢義盛近藤親家活歴物武功忠信召すいせ

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android