コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米俵/米苞 コメダワラ

デジタル大辞泉の解説

こめ‐だわら〔‐だはら〕【米俵/米×苞】

米を入れる。わらを編んで作る。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の米俵/米苞の言及

【俵】より

…俵は農閑期や夜なべ仕事に作られたが,近年では紙袋などに替えられ見かけることも少なくなった。俵のなかでも,米俵が発達し,近世には収穫1石に対する年貢によって俵の大きさが定まっており,4斗入りや4斗5升入りの俵が多く用いられた。また,この米俵をかつぐことが一人前の基準ともなり,力石のなかには俵石と称するものもある。…

※「米俵/米苞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

米俵/米苞の関連キーワード米刺し・米差し・米刺・米差ホンダワラ(馬尾藻)流し雛[用瀬]まくわうり三十五万石積上げる浪野東助睦月神事雪まくり馬尾藻南京袋どしり蔵開き踏み俵曲持ち不動縄大黒天踏俵年棚門松

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android