コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔗軒日録 しゃけんにちろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蔗軒日録
しゃけんにちろく

3巻。禅僧季弘大叔 (別号蔗軒) の日記。文明 16 (1484) ~18年という滞在中の短期間の日記だが,応仁の乱後の状況,特に禅林文芸や堺での遣明船帰着に関する記事は豊富である。『大日本古記録』に収録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

蔗軒日録【しゃけんにちろく】

室町時代中期の五山(ござん)僧である季弘大叔(きこうだいしゅく)の日記。〈しょけんにちろく〉ともいう。大叔は京都東福寺の住持を務め,日記は晩年を過ごしたの海会(かいえ)寺(現大阪府堺市)で記された。1484年から1486年までの記事が現存し,当時の自治都市としての堺の状況,そこで行われた日明(にちみん)貿易の様子,さらには宗祇(そうぎ)ら文人との交遊などについても記される。→京都五山

蔗軒日録【しょけんにちろく】

蔗軒日録(しゃけんにちろく)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゃけんにちろく【蔗軒日録】

〈しょけんにちろく〉とも読む。3巻。室町中期の代表的な五山文学僧であり,東福寺住持であった季弘大叔(きこうだいしゆく)が,晩年を過ごした堺の海会寺(かいえじ)で記した日記。1484‐86年(文明16‐18)の記事が現存する。彼の信仰や日常生活,東福寺を中心とする仏事・行事,応仁の乱後の畠山氏や京都の禅寺・禅僧の動向,堺の町や会合衆(えごうしゆう)・遣明船のようす,連歌師宗祇・琵琶法師城菊ら文人との交遊などが記され,当時の社会状況を語る好史料。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

蔗軒日録の関連キーワード堺[市]泉屋道栄岳翁蔵丘名和長年日明貿易

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android