米国議会図書館件名標目表(読み)べいこくぎかいとしょかんけんめいひょうもくひょう(英語表記)Library of Congress Subject Headings(LCSH)

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

シアーズ件名標目表とならび,カッターの件名目録理論に基づいて作成された米国の代表的な件名標目表.米国議会図書館が維持管理する.初版は1909年から1914年にかけて刊行された.標目形として複合語や転置形も使用され,地理区分形式区分などの細目付き件名も採用されている.1974年以来,free floating subdivisionおよびpattern headingが導入され,件名標目間の多様な結合にある程度応えるための工夫が行われている.第11版(1988)以後,標目間の関連性表現は,USE,BT,NT,RTといったシソーラススタイルとなったが,細目付き件名の存在,細目付き件名にも階層関係を設定していることなど,旧来の件名標目表を踏襲している部分も少なくない.主題検索のための基本的ツールとして全世界で広く利用されている.ファイルのダウンロードやウェブによる通覧で提供されている.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android