米山鼎峨(読み)よねやま ていが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米山鼎峨 よねやま-ていが

?-? 江戸時代中期の戯作(げさく)者。
安永のころの黄表紙作家。江戸高砂町にすむ。安永8年(1779)以後は文渓堂の名で知られ,天明5年(1785)以後の活動は不明。代表作に「後三年信夫染(しのぶぞめ)」「三宝利生初竹(みつたからりしょうのわかたけ)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android