コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粉末酒 ふんまつしゅ

1件 の用語解説(粉末酒の意味・用語解説を検索)

飲み物がわかる辞典の解説

ふんまつしゅ【粉末酒】


溶解してアルコール分1度以上の飲料とすることができる粉末状のもの。日本酒、みりんブランデーワインなどの粉末があり、粉末スープやから揚げ粉、菓子など液体では添加が難しい食品の製造などに用いる。◇1966年、愛知県小牧市にある佐藤食品工業株式会社が製法を開発。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粉末酒の関連キーワードアルコール飲料酒精飲料スピリッツノンアルコールビールテイスト飲料オールフリーアルコール酢嗜好飲料アルコール分解速度飲料工業

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

粉末酒の関連情報