飲料(読み)のみりょう

精選版 日本国語大辞典「飲料」の解説

のみ‐りょう ‥レウ【飲料】

〘名〙
① 飲物とするもの。いんりょう。
※洒落本・廻覧奇談深淵情(1803)其二「これで呑料でもかわっし」
② 酒、タバコやその他の飲物などの、自分の飲み分。
※虎清本狂言・樋の酒(室町末‐近世初)「是は頼うだ人の呑料と見へて」
③ 酒を買う代金。のみしろ。

いん‐りょう ‥レウ【飲料】

〘名〙 飲むためのもの。飲み物。
※小学化学書(1874)〈文部省〉二「凡そ都会の流水は人家より流れ来る所の不潔の水を雑するを以て飲料に宜しからず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「飲料」の解説

いん‐りょう〔‐レウ〕【飲料】

飲むためのもの。飲み物。「清涼飲料」「飲料水」

のみ‐りょう〔‐レウ〕【飲(み)料】

飲み物とするもの。いんりょう。
酒・タバコなどの、自分の飲み分。
酒を飲む金。飲み代(しろ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の飲料の言及

【有用植物】より

…このときの樹液を流出させて糖を採取することは,多年生の草本や木本で見られる。代表的なものにサトウカエデ,リュウゼツラン,サトウヤシ,ココヤシなどがあるが,この場合はしばしばアルコール発酵が伴い,テキーラやヤシ酒などアルコール飲料の醸造を伴うことが多い。果実の果肉部分に糖含有量が高いこともしばしば見られ,ナツメヤシやカキの皮のように糖源として利用されることがある。…

※「飲料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android