コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粒子状物質 リュウシジョウブッシツ

デジタル大辞泉の解説

りゅうしじょう‐ぶっしつ〔リフシジヤウ‐〕【粒子状物質】

さまざまな粒子の総称。大気中に浮遊するPMは粒径の違いや測定方法によってPM10・SPM浮遊粒子状物質)・PM2.5(微小粒子状物質)などに分けられ、環境基準の指標として用いられる。日本はSPMを採用。PM(particulate matter)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

粒子状物質の関連キーワード兵庫県環境の保全と創造に関する条例自動車NOx・PM法と条例規制自動車排出窒素酸化物総量削減法ニトロ多環芳香族炭化水素大気汚染による健康障害首都圏ディーゼル規制ディーゼル排気微粒子自動車排出ガス規制光化学オキシダント自動車NOxPM法ディーゼル排気粒子多環芳香族炭化水素スパイクタイヤ大気汚染測定局モーダルシフト排ガス浄化装置大気汚染防止法天然ガス自動車大気汚染物質呼吸器系疾患

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粒子状物質の関連情報