精粗・精疎・精麤(読み)せいそ

精選版 日本国語大辞典「精粗・精疎・精麤」の解説

せい‐そ【精粗・精疎・精麤】

〘名〙 細かいこととあらいこと。詳しいことと大まかなこと。
※本朝文粋(1060頃)一・孫弘布被賦〈源英明〉「則知広狭堪時用、精麤伴自為
西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一三「此会は物品の優劣工芸の精粗(セイソ)を比較考訂するのみならず」 〔礼記‐文王世子〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android