精粗(読み)セイソ

デジタル大辞泉 「精粗」の意味・読み・例文・類語

せい‐そ【精粗】

細かいことと、あらいこと。詳しいことと、大ざっぱなこと。「観察精粗がある」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「精粗」の意味・読み・例文・類語

せい‐そ【精粗・精疎・精&JISEFEA;】

  1. 〘 名詞 〙 細かいこととあらいこと。詳しいことと大まかなこと。
    1. [初出の実例]「則知広狭堪時用、精麤伴自為」(出典本朝文粋(1060頃)一・孫弘布被賦〈源英明〉)
    2. 「此会は物品の優劣工芸の精粗(セイソ)を比較考訂するのみならず」(出典:西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一三)
    3. [その他の文献]〔礼記‐文王世子〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「精粗」の読み・字形・画数・意味

【精粗】せいそ

精と疎。

字通「精」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android