糊精(読み)コセイ

栄養・生化学辞典の解説

糊精

 デキストリンともいう.デンプンを部分的に加水分解したもの.デンプンに比べ粘度が低く接着性は高いものがあり,糊料として使われる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐せい【糊精】

〘名〙 澱粉を酵素などで分解したときに得られる白っぽい炭水化物。糊(のり)などに用いる。デキストリン。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android