澱粉(読み)デンプン

大辞林 第三版の解説

でんぷん【澱粉】

多糖類の一。 D -グルコース(ブドウ糖)の重合体。約20パーセントは直鎖状重合体のアミロースで、約80パーセントは多くの分枝部をもつアミロペクチンで構成される。ヨウ素溶液により青紫色に呈色する。水を加え熱すると摂氏60~80度で糊化し、加水分解を受けやすい α -デンプンとなり、放置すると、もとの β -デンプンに戻る。また希酸やアミラーゼなどの酵素により加水分解され、デキストリン・マルトース(麦芽糖)を経て D -グルコースとなる。緑色植物の葉緑体中で光合成によってつくられ、根・茎・種子にデンプン粒として貯蔵される。食用のほか、接着剤・医薬品・発酵の原料となる。 〔自然科学ではデンプンと書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

でん‐ぷん【澱粉】

〘名〙 (Zetmeel の訳語) 代表的な多糖類の一つ。植物の葉で光合成によって生成され、種子・根・地下茎などの貯蔵部に多量に蓄積される。アミロペクチンとアミロースの二成分から構成されるD‐グルコースの重合体で、無味・無臭の白色粉末。分子量数万~数十万の高分子物質で吸湿性があり、水と暖めると粘性の高い半透明の糊(のり)となる。高等動物の栄養素として食品となるほか、糊料、接着剤、発酵工業原料、医薬品などに広く用いられる。〔植学啓原(1833)〕
[語誌]江戸時代の蘭学において用いられた語。幕末の「英和対訳袖珍辞書」(一八六二)や「附音挿図英和字彙(初版)」(一八七三)には見えないが、「薬品名彙」(一八七三)などの学術用語集には出ており、「附音挿図英和字彙」にも第二版(一八八二)では収録されている。明治一〇年代頃に一般化したか。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

澱粉の関連情報