コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

澱粉 デンプン

大辞林 第三版の解説

でんぷん【澱粉】

多糖類の一。 D -グルコース(ブドウ糖)の重合体。約20パーセントは直鎖状重合体のアミロースで、約80パーセントは多くの分枝部をもつアミロペクチンで構成される。ヨウ素溶液により青紫色に呈色する。水を加え熱すると摂氏60~80度で糊化し、加水分解を受けやすい α -デンプンとなり、放置すると、もとの β -デンプンに戻る。また希酸やアミラーゼなどの酵素により加水分解され、デキストリン・マルトース(麦芽糖)を経て D -グルコースとなる。緑色植物の葉緑体中で光合成によってつくられ、根・茎・種子にデンプン粒として貯蔵される。食用のほか、接着剤・医薬品・発酵の原料となる。 〔自然科学ではデンプンと書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

澱粉の関連キーワード分・刎・吻・噴・墳・奮・忿・憤・扮・焚・粉・糞・紛・芬・雰ヨウ(沃)素デンプン(澱粉)反応伝・傳・殿・澱・田・電遺伝子組み換え食品デンプン(澱粉)ホスホリラーゼ長瀬産業[株]αサイデン化学加賀れんこん富樫 鉄之助鈴木 藤三郎松谷化学工業日本澱粉工業三和澱粉工業グリコーゲン化石ファリナキャッサバじゃがいもクズ(葛)

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

澱粉の関連情報