コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

澱粉 デンプン

2件 の用語解説(澱粉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

でん‐ぷん【×澱粉】

多糖類の一。植物の葉緑体光合成によって作られ、根・茎・種子・果実などに蓄えられる。無味無臭の白色粉末。でんぷん粒はアミロースアミロペクチンとで構成される。動物の重要な熱量源で、消化によりグルコースに分解され吸収される。「澱粉のり」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

でんぷん【澱粉】

多糖類の一。 D -グルコース(ブドウ糖)の重合体。約20パーセントは直鎖状重合体のアミロースで、約80パーセントは多くの分枝部をもつアミロペクチンで構成される。ヨウ素溶液により青紫色に呈色する。水を加え熱すると摂氏60~80度で糊化し、加水分解を受けやすい α -デンプンとなり、放置すると、もとの β -デンプンに戻る。また希酸やアミラーゼなどの酵素により加水分解され、デキストリン・マルトース(麦芽糖)を経て D -グルコースとなる。緑色植物の葉緑体中で光合成によってつくられ、根・茎・種子にデンプン粒として貯蔵される。食用のほか、接着剤・医薬品・発酵の原料となる。 〔自然科学ではデンプンと書く〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

澱粉の関連キーワード暗反応多糖類チラコイド同化組織糖葉糖類クロロプラスト光合成サイクルワールブルク効果(光合成)ラン藻類(藍藻類)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

澱粉の関連情報