粘度(読み)ネンド

化学辞典 第2版「粘度」の解説

粘度
ネンド
viscosity

粘性率,粘性係数ともいう.流体の流れやすさの度合を表す物性値の一つ.流体にせん断力τを加えたときに生じるせん断速度du/dyが,次の関係式,

で表されるとき,この比例定数ηをいう.常温の水では

η ≒ 1×10-3 Pa s
である.水やグリセリンなどの流体は上式の比例関係が成り立ち,ニュートン流体とよばれるが,このような単純な関係が成り立たない流体もあり,それらは非ニュートン流体とよばれる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android