糸状菌(読み)しじょうきん

大辞林 第三版の解説

しじょうきん【糸状菌】

糸状の菌糸をもつ菌類の通称。一般にカビといわれるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しじょう‐きん シジャウ‥【糸状菌】

〘名〙 真菌類のうち、体が糸状の菌糸からなるもの。一般にカビという。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の糸状菌の言及

【土壌微生物】より

…土壌中に存在する微生物で,細菌,放線菌,糸状菌,藻類,原生動物などをいう。肥沃な表土には,土壌1g当り細菌数が数十億,糸状菌の菌糸長が数百m,微生物の生体重が土壌有機物量の数%に達することがある。…

※「糸状菌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

糸状菌の関連情報