コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀伊保 きの いほ

2件 の用語解説(紀伊保の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀伊保 きの-いほ

?-? 奈良時代の官吏。
天平(てんぴょう)10年(738)ごろ山背掾(やましろのじょう)。大炊頭(おおいのかみ),相模守(さがみのかみ)をへて,天平宝字(ほうじ)8年仁部(にんぶの)(民部)大輔(たいふ)となる。紀寺(きでら)の奴婢(ぬひ)益人(ますひと)らの良民編入と紀朝臣(あそん)の氏姓授与を許可した孝謙上皇の勅をうたがってしたがわず,官位を剥奪(はくだつ)される。宝亀(ほうき)2年(771)もとの正五位下にもどされた。名は伊富,五百ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

紀伊保

生年:生没年不詳
名は伊富,五百とも書く。奈良時代の官人。天平10(738)年ごろに山背掾。天平勝宝3(751)年7月,従五位下に昇る。以後大炊頭,相模守などを歴任。天平宝字8(764)年7月,紀寺(奈良市)の奴益人らを良民とし,姓を与えるという高野天皇(孝謙上皇)の勅を疑って従わず,官を解かれ無位となった。宝亀2(771)年10月,正五位下に復す。

(寺崎保広)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紀伊保の関連キーワード天平尺阿刀酒主掃守王紀豊河高麗広山長田王御方大野弓削薩摩李元環天平美術

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紀伊保の関連情報