コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀寺 きでら

世界大百科事典 第2版の解説

きでら【紀寺】

現在は璉珹(れんじよう)寺と号す。奈良市にある寺。行基創建の伝承があるが,実際は天智天皇のころ紀氏(きうじ)を檀越(だんおつ)として飛鳥の地に創建され,平城遷都の後,左京五条七坊にあたる現在地に移転したものと思われる。奈良時代には多くの奴婢を有する大寺であった。平安時代になって現れる〈璉城寺〉は紀寺の後身とされる。江戸時代には興福寺と浄土宗誓願寺が末寺と主張して争ったが,現在は天台宗を経て浄土真宗に属する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

紀寺の関連キーワード奈良県高市郡明日香村小山れんじょう寺塩シタミ座紀益女紀益人藤原京紀粳売真玉女紀伊保氏寺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紀寺の関連情報