コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅板 ベニイタ

デジタル大辞泉の解説

べに‐いた【紅板】

江戸時代の携帯用の入れ。二つ折りの板にを塗り、紅を載せた。薄い箱形のものもある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

べにいた【紅板】

二枚折りの金属板または厚紙に紅を塗った、携帯用の化粧道具。指先につけてのばして用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

紅板の関連キーワード江戸時代棟方志功指先厚紙

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android