コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厚紙 あつがみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

厚紙
あつがみ

カードなどに使用する厚手洋紙。すき合せの厚手の紙は含まれない。厚さ 0.15~0.23mm程度の腰の強いものをいう。上質のブリストルのほか索引記録に使われるインデクス招待状,絵はがきなどに用いるアイボリー,よく締ったボンド紙などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あつ‐がみ【厚紙】

厚い紙。
㋐厚くはり合わせた紙。帳簿などの表紙に用いる。板目紙(いためがみ)。
㋑厚く漉(す)いた和紙。
㋒ボール紙。
鳥の子紙の古名。厚葉(あつよう)。〈下学集

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

厚紙【あつがみ】

おもに包装用,カード類などに使用される比較的厚い紙の総称インキのにじみ止めをきかせた筆記図画用紙に属する。厚さは0.15〜0.23mm。紙質が堅く,腰が強い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あつがみ【厚紙】

厚さ0.15~0.23mmの腰の強い厚手の紙一般の総称。筆記図画用紙に属し,サイズ(インキなどのにじみ止め)がきいた筆記性のよい紙である。索引カード,ボンド紙bond paper(ぼろパルプや化学パルプを原料とし,よく叩解(こうかい)してサイズをきかせて作った,かたく締まった紙)などが含まれる。なお,厚紙に相当する英語はcard boardであるが,その用法はあいまいで板紙との区別ははっきりしない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あつがみ【厚紙】

厚手の紙。 ⇔ 薄紙
すき合わせたりはり合わせたりして厚く作った紙。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

厚紙
あつがみ

薄紙に対することばで、厚手の紙のこと。和紙が初め溜(た)め漉(ず)き法によってつくられていたころは、薄手の紙が得にくかったので、正倉院に伝わっている奈良時代の紙はほとんどが厚手のものである。748年(天平20)の『正倉院文書』に初めてみられる厚紙は、とくに厚く漉き上げたり、貼(は)り合わせたりして厚くした紙のことをさしている。したがって、のちに流し漉き法によって薄手の紙が容易に漉き上げられるようになって初めて薄紙に対して厚紙を区別するようになった。流し漉き法開発の端緒を与えた厚さの調節が容易な斐紙(ひし)(雁皮(がんぴ)紙)は、その薄手の紙を薄様(うすよう)(または薄葉)とよぶのに対し、厚手のものを厚様(あつよう)(厚葉)とよんだ。厚様のもっとも早い用例は鎌倉時代の万葉学者僧仙覚(せんかく)にみられる。中世になると、斐紙の系統である鳥の子紙(雁皮紙)を厚さによって厚様、中様、薄様と区別し、近世では一般に楮(こうぞ)紙などの厚紙をも厚様と称するようになった。美濃(みの)(岐阜県)、大和(やまと)(奈良県)、伊予(愛媛県)、周防(すおう)(山口県)、土佐(高知県)、越中(えっちゅう)(富山県)などの産紙が傘紙や畳紙(たとうがみ)などに多く使用された。[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

厚紙の関連キーワードGoogleカードボード突き通す・突通すサンドペーパースケッチブック国栖紙・葛紙折り箱・折箱デジパックダイカット石膏ボード浮島人形地張い紙段ボールカートン定家文庫ラシャ紙薩摩糸雛紙マッチカルトン合羽版蚕卵紙

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

厚紙の関連情報