コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅毛城 こうもうじょう

1件 の用語解説(紅毛城の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

こうもうじょう【紅毛城】

台湾島北部、首都台北(臺北、タイペイ)郊外の台北県淡水鎮にある古城跡。淡水河を見おろす小高い丘に赤いレンガ作りの洋館が建っている。古くは、「セントドミニカ城」(聖多明哥城)、「アントニー要塞」(安東尼堡)と呼ばれた。ここは1629年に台湾島北部を占領・統治したスペイン人により築かれた城で、その後1644年に台湾を統治したオランダ人により再建された。1867年にはイギリス政府に租借(そしゃく)されてイギリス領事館が置かれていたが、1980年に台湾政府に返還された。◇現在、国家一級古跡に指定され、紅毛城とイギリス領事部に区分・管理されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紅毛城の関連キーワード台北台湾海峡ぺいぺいクナイペスタイペンド台湾高速鉄道台北マラソントイペマイペット

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紅毛城の関連情報