コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淡水河 タンスイガ

百科事典マイペディアの解説

淡水河【たんすいが】

台湾北部の川。全長144km。台湾第2の高峰雪山の北に発源し,北流して台北盆地に入って新店渓と基隆河を合わせ,淡水で台湾海峡に注ぐ。現在,河道が浅く航運に利用されなくなったが,台湾北部の開拓初期には,ジャンクによる中国本土との交易が盛んで,河口の淡水は天然の良港として栄え,万華,新荘,板橋,大渓など河岸集落も繁栄した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

淡水河
たんすいが / タンショイホー

台湾北部を流れる川。大霸尖(だいはせん)山に源を発し、大渓(たいけい)を経て台北盆地に入り、台北付近で新店渓(しんてんけい)、キールン河と合流し、淡水で台湾海峡に注ぐ。全長144キロメートル。かつては台北付近まで1000トン級の船舶の航行が可能であったが、現在は土泥砂の堆積(たいせき)により水運にはほとんど役だっていない。上流に石門ダムがあり、発電、灌漑(かんがい)などに利用されている。[劉 進 慶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

淡水河の関連情報