コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅色雪腐病(フェスク)

1件 の用語解説(紅色雪腐病(フェスク)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

紅色雪腐病(フェスク)

積雪下で株枯れを引き起こし、関東以北に分布する糸状菌病。積雪下の茎葉が軟化・枯死し、ピンク色に見える。菌核は形成しない。非積雪地域の芝地でも、発生が報告されている。病原菌マイコトキシンとして、ニバレノールおよびデオキシニバレノールを産生するとされてきたが、最近の研究で少なくとも日本産の菌は産生しないことが分かっている。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紅色雪腐病(フェスク)の関連キーワード紅色雪腐病(ライムギ)紅色雪腐病(ライグラス)雪腐褐色小粒菌核病(ライグラス)雪腐黒色小粒菌核病(ライグラス)雪腐大粒菌核病(ライグラス)雪腐褐色小粒菌核病(フェスク)雪腐黒色小粒菌核病(フェスク)斑点病(レッドトップ)褐斑病(ブルーグラス)雪腐黒色小粒菌核病(ベントグラス)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone