コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

納め札 オサメフダ

デジタル大辞泉の解説

おさめ‐ふだ〔をさめ‐〕【納め札】

年末にその年に受けたお札を社寺に納めること。 冬》
のうさつ(納札)
江戸幕府の金蔵に納めた金、または米蔵に納めた米に対して、金奉行蔵奉行が発行した受領書。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おさめふだ【納め札】

のうさつ(納札)」に同じ。
江戸時代、幕府に納めた金や米に対して奉行から交付する受領書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の納め札の言及

【納札】より

…巡礼者が霊場に参拝したしるしに納める札のこと。納め札,巡礼札ともいう。札の中央にその巡礼の名称,両側に出身地,名前,参拝年月日などを書くのがふつうである。…

※「納め札」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

納め札の関連キーワード江戸幕府江戸時代社寺米蔵金蔵納札奉行幕府

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

納め札の関連情報