コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

納札 のうさつ

6件 の用語解説(納札の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

納札
のうさつ

おさめふだ,千社札ともいう。社寺に参詣し,記念のため自分の姓名,住所などを記した札を納めたり,それを社殿などに張る風俗。またその札のこともいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

のう‐さつ〔ナフ‐〕【納札】

[名](スル)社寺に参詣して、記念や祈願のために札(ふだ)を納めること。また、その札。納め札。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

納札【おさめふだ】

納札(のうさつ)

納札【のうさつ】

〈おさめふだ〉〈巡礼札〉とも。社寺を巡拝して自分の姓名を記した札を納めたり,はりつけたりすること。千社札はその例。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

のうさつ【納札】

巡礼者が霊場に参拝したしるしに納める札のこと。納め札,巡礼札ともいう。札の中央にその巡礼の名称,両側に出身地,名前,参拝年月日などを書くのがふつうである。納札を納めるところから巡礼の寺を〈札所(ふだしよ)〉と呼び,もとは木製の札を釘で打ちつけたため,札所に詣でることを〈札を打つ〉ともいうようになった。一方,巡礼者が通り過ぎる地域の人々にとっても,この札には大きな意味があった。たとえば四国地方では遍路(へんろ)の出盛りになると,沿道の村々が無料の接待所を設けて,遍路たちに金品を接待する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

のうさつ【納札】

( 名 ) スル
寺社に参拝して、千社札などを納め貼ること。おさめふだ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

納札の関連キーワード四国八十八ヵ所札所納め札聖地巡礼手を締める札納め胸に納める聖地巡拝腹に納める胸三寸に納める

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

納札の関連情報