コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵奉行 クラブギョウ

3件 の用語解説(蔵奉行の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くら‐ぶぎょう〔‐ブギヤウ〕【蔵奉行】

江戸幕府の職名。勘定奉行に属し、各地の米蔵を管理して米穀の出納をつかさどった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くらぶぎょう【蔵奉行】

江戸幕府の職制で勘定奉行の配下に属し,幕府米蔵の管理と米穀類の出納を担当した役人。江戸城内,浅草,本所ほか,京都二条,大坂,摂津高槻,近江大津,駿河清水など主要な幕府御蔵の所在地におかれたが,中期以後は江戸浅草,大坂,京都二条の3ヵ所に統括された。江戸では1636年(寛永13)に初めて3名任命され,74年(延宝2)には10名,のち整理されて7名となった。江戸城内では焼火(たきび)間に列し,役料200俵,配下に手代数名のほか蔵番,小揚,杖突,門番等がいた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蔵奉行
くらぶぎょう

江戸幕府の職制の一つ。勘定奉行配下に属し、幕府領の年貢米の出納にあたる長官。慶長期には伊奈忠次(ただつぐ)、大久保長安(ながやす)らが個別に江戸城外郭内に米蔵をもっていたが、のち蔵奉行が成立したようである。蔵奉行の初見は1610年(慶長15)で松風助右衛門(まつかぜすけえもん)、紅林弥右衛門(くればやしやえもん)の名がみえる。江戸初期には蔵米(くらまい)と城米(じょうまい)は明確に区別され、蔵奉行と城米奉行が置かれていた。浅草御蔵(あさくさおくら)の成立は1620年(元和6)とされ、管轄する蔵奉行の半数は大番(おおばん)出役であった。浅草御蔵の蔵奉行の管轄地域は東日本に限られ、上方(かみがた)の御蔵には大坂、京都二条、摂津国高槻(たかつき)に蔵奉行が置かれていた。[大野瑞男]
『大野瑞男著『江戸幕府財政史論』(1996・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蔵奉行の関連情報