米蔵(読み)こめぞう

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「米蔵」の解説

こめぞう【米蔵】

秋田の米焼酎。低温発酵で仕込み、常圧蒸留減圧蒸留原酒をブレンドして造る。原酒の割り水には奥羽山脈湧水を使用。原料あきたこまち米麹。アルコール度数25%。蔵元の「秋田県醗酵工業」は昭和20年(1945)創業。所在地は湯沢市深堀字中川原。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラス「米蔵」の解説

米蔵

秋田県、秋田県醗酵工業が製造・販売する焼酎の商品名。「あきたこまち」をとした秋田県産を原料に、奥羽山脈の湧水「栗駒神水」を割り水として使用した本格米焼酎。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android