コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金奉行 カネブギョウ

世界大百科事典 第2版の解説

かねぶぎょう【金奉行】

江戸幕府および諸藩において金蔵の出納をつかさどり,その帳簿計理した役職。幕府の金奉行は1646年(正保3)創設されたというが,1618年(元和4)松風正忠が金奉行に補任され,1613年(慶長18)杉原親俊が金銀出納奉行に任ぜられている。89年(元禄2)より勘定奉行に属し,定員4~7名。200俵高,役料100俵。焼火間詰。配下に金同心22~23人があり,1766年(明和3)金蔵番同心20人もその所属となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かねぶぎょう【金奉行】

江戸幕府の職名。勘定奉行に属し、幕府の金庫の出納を管理する役。大坂にも大坂金奉行があった。

きんぶぎょう【金奉行】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

金奉行の関連キーワード赤穂浪士一覧片岡喜平治大坂金奉行加賀美正吉岡野石城志賀理斎山田三川中根東平大高源吾鈴木春蔭前原伊助納め札大坂

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android