コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

納所坊主 ナッショボウズ

デジタル大辞泉の解説

なっしょ‐ぼうず〔‐バウズ〕【納所坊主】

寺の会計庶務を取り扱う下級

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なっしょぼうず【納所坊主】

寺の会計・庶務に当たる僧。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の納所坊主の言及

【納所】より

…(3)については専業の管理者がいることが多い。江戸時代に寺院の会計などを担当する下級の僧侶を納所坊主という場合があるが,それはこの意味の納所の管理者から発する語である。(4)の納所は,平安時代に律令国家の国・郡・郷を単位とした徴税機構が,名(みよう)を単位とするものに転換した際に,その過渡期の徴税単位として機能した。…

※「納所坊主」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

納所坊主の関連キーワード納所

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android