コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙像 しぞう

1件 の用語解説(紙像の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しぞう【紙像】

紙を貼り重ねて作った像。近世以後の人形などには作例が多いが,それ以前のものはまれで,遺品としては1269年(文永6)製作の中宮寺文殊菩薩立像(像高52.3cm)がある。現在は漆で塗り固められているが,当初は経巻2巻を芯としてこれに紙をのりで何枚も貼り重ね,細部はこより等を芯としてその上に紙を貼って仕上げていた。他に江戸時代以前の仏像が数体知られる。【副島 弘道】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

紙像の関連キーワード飛来一閑人形生き人形女形人形重ね違い棚重ねて瓦人形捏ね人形張子捻り重ね

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone