経巻(読み)キョウカン

デジタル大辞泉の解説

きょう‐かん〔キヤウクワン〕【経巻】

《「きょうがん」とも》経文を記した巻物。また、経典

けい‐かん〔‐クワン〕【経巻】

経書。経典。

たて‐まき【経巻(き)】

織物製造の準備工程で、縦糸整経(せいけい)して織機の榺(ちきり)に巻きつけること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうかん【経巻】

経文を書いた巻物。また、経典。

けいかん【経巻】

経書。経典。きょうかん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐かん キャウクヮン【経巻】

〘名〙 (「きょうがん」とも) 経文を記した巻物。経典。経文。
※続日本紀‐宝亀元年(770)七月乙亥「検校所読経巻、并僧尼数、附使奏上」
※高野本平家(13C前)六「仏像経巻(キャウグン)のけぶりとのぼりけるを見て、〈略〉心をくだかれけるより病ついて」 〔法華経‐法師品〕

けい‐かん ‥クヮン【経巻】

〘名〙 経書。経典。きょうかん。〔後漢書‐劉梁伝〕

たて‐まき【経巻】

〘名〙 織物製造で、経(たていと)を織機の緒巻(おまき)に巻きつけること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の経巻の言及

【社寺建築構造】より

…檜皮葺きや柿葺きの棟は,近畿地方では瓦を積んだ瓦棟が多く,他の地方では木でつくった箱棟が多く,両端には外形が鬼瓦に似た鬼板を用いる。鬼瓦や鬼板のかわりに,円筒形の経巻(きようのまき)と呼ばれるものを3個のせた獅子口(ししぐち)が,唐破風(からはふ)などに使われる。なお,檜皮葺きや柿葺きには降棟や隅棟はなく,また神社建築では棟に堅魚木(かつおぎ)をのせ,両端に千木(ちぎ)をあげる。…

※「経巻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

経巻の関連情報