経巻(読み)きょうかん

精選版 日本国語大辞典「経巻」の解説

きょう‐かん キャウクヮン【経巻】

〘名〙 (「きょうがん」とも) 経文を記した巻物。経典。経文。
※続日本紀‐宝亀元年(770)七月乙亥「検校所読経巻、并僧尼数、附使奏上」
※高野本平家(13C前)六「仏像経巻(キャウグン)のけぶりとのぼりけるを見て、〈略〉心をくだかれけるより病ついて」 〔法華経‐法師品〕

たて‐まき【経巻】

〘名〙 織物製造で、経(たていと)を織機の緒巻(おまき)に巻きつけること。

けい‐かん ‥クヮン【経巻】

〘名〙 経書。経典。きょうかん。〔後漢書‐劉梁伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「経巻」の解説

けい‐かん〔‐クワン〕【経巻】

経書。経典

たて‐まき【経巻(き)】

織物製造の準備工程で、縦糸を整(せいけい)して織機(ちきり)に巻きつけること。

きょう‐かん〔キヤウクワン〕【経巻】

《「きょうがん」とも》経文を記した巻物。また、経典。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の経巻の言及

【社寺建築構造】より

…檜皮葺きや柿葺きの棟は,近畿地方では瓦を積んだ瓦棟が多く,他の地方では木でつくった箱棟が多く,両端には外形が鬼瓦に似た鬼板を用いる。鬼瓦や鬼板のかわりに,円筒形の経巻(きようのまき)と呼ばれるものを3個のせた獅子口(ししぐち)が,唐破風(からはふ)などに使われる。なお,檜皮葺きや柿葺きには降棟や隅棟はなく,また神社建築では棟に堅魚木(かつおぎ)をのせ,両端に千木(ちぎ)をあげる。…

※「経巻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android