コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙塩 カミジオ

デジタル大辞泉の解説

かみ‐じお〔‐じほ〕【紙塩】

魚やの身を和紙に挟み、をのせ、水を振りかけて軽く塩味をつけること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

かみじお【紙塩】

料理で、魚などを和紙でおおって湿らせ、上から塩を振って軽く塩味をつけること。塩を材料にまんべんなく行きわたらせることができる。刺身にする白身魚を軽く締める場合などに行う。◇「かみしお」ともいう。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

かみしお【紙塩】

刺身のさくの上下に和紙を密着させ、水でわずかに濡らしその上から食塩を振ること。また、そうしたもの。刺身の身を締め、軽く塩味をつける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

紙塩の関連キーワード日本料理/おもな調理用語クロロブロマイド紙防長四白防長三白長州藩藩札三白食塩さく上下