紙塩(読み)かみじお

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典「紙塩」の解説

かみじお【紙塩】

料理で、などを和紙でおおって湿らせ、上からを振って軽く塩味をつけること。塩を材料にまんべんなく行きわたらせることができる。刺身にする白身魚を軽く締める場合などに行う。◇「かみしお」ともいう。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「紙塩」の解説

かみ‐じお ‥じほ【紙塩】

〘名〙 料理で、魚、を和紙で覆い、その上から塩をふりかけ水を注いで湿らせること。また、そのもの。軽く塩をきかせたり、腐敗を防いだりするためにする。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「紙塩」の解説

かみ‐じお〔‐じほ〕【紙塩】

魚やを和紙に挟み、塩をのせ、水を振りかけて軽く塩味をつけること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android