塩味(読み)エンミ

デジタル大辞泉の解説

えん‐み【塩味】

料理で、塩のきかせ加減。塩加減。
いろいろな事情を考慮して物事を処理すること。手加減斟酌(しんしゃく)。

しお‐あじ〔しほあぢ〕【塩味】

塩を用いてつけた味。

しお‐み〔しほ‐〕【塩味】

塩の入った味。しおあじ。
と味噌。塩噌(えんそ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

えん‐み【塩味】

〘名〙
① 食物を料理する時の塩のきかせかげん。塩加減。また、塩のまじりぐあい。しおあじ。〔書言字考節用集(1717)〕
② 物事の味わい。おもしろみ。
※紹三問答(1579)「さゆると寒きとを同事といはば、哥道の塩味は少もなき事也」
③ 事情を考慮して、物事をほどよく処理すること。手加減。斟酌(しんしゃく)
※伊達家文書‐(天正一七年(1589)二月)一八日・最上義光書状「能々御塩味を以可承候」

しお‐あじ しほあぢ【塩味】

〘名〙 塩でつけた味。
※助左衛門四代記(1963)〈有吉佐和子〉三「一口糗粉を口に入れて、その塩味の底に麦一品にしては奇妙に複雑な味を」

しお‐み しほ‥【塩味】

〘名〙
① 塩のはいった味。しおあじ。
※おあんさま(1965)〈大原富枝〉「あの菜飯の舌に馴れ寄る鄙びたやわらかい塩味(シオミ)のほのかな味いを」
② 塩と味噌。塩噌(えんそ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報