コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紡脚類 ぼうきゃくるい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紡脚類
ぼうきゃくるい

シロアリモドキ類」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紡脚類
ぼうきゃくるい

昆虫綱シロアリモドキ目の別名。細長い軟らかい体の昆虫で、体長は1センチメートル前後。おもに熱帯域におり、樹皮の割れ目などに、前脚の膨れた(ふせつ)にある腺(せん)から糸を出し、幕を張って巣をつくるので、紡脚の名がある。雄ははねがあるが、雌にははねがない。日本産はコケシロアリモドキのほか、もう1種いる。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の紡脚類の言及

【シロアリモドキ(擬白蟻)】より

…触角は細く線状で16~32節,肢の跗節(ふせつ)は3節で,前肢の第1跗節は大きく膨れ,これに紡績腺が散在し,絹糸状物質を分泌し,この糸で樹幹などに筒状の巣をつくってその中にすむ。このため紡脚類の名もある。雄には2対の翅があるが雌は無翅。…

※「紡脚類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

紡脚類の関連キーワードシロアリモドキ(擬白蟻)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android