細川 武子(読み)ホソカワ タケコ

20世紀日本人名事典の解説

細川 武子
ホソカワ タケコ

大正・昭和期の児童文学者



生年
明治25(1892)年6月16日

没年
昭和31(1956)年9月28日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京府女子師範学校〔明治45年〕卒

経歴
幼小女学校教師、私立立華学園の中、高校校長、同幼稚園長など歴任島崎藤村浜田広介を師とし、日本童話協会に所属。大正6年大阪朝日新聞懸賞お伽噺に「白鳩の願ひ」が3等入賞、以来童話を書き、童話集「細川武子放送童話集」「おかあさん」、少女小説「女学生記」「少女の国」「少女の四季」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android