所属(読み)しょぞく

精選版 日本国語大辞典 「所属」の意味・読み・例文・類語

しょ‐ぞく【所属】

〘名〙 団体一党派などの一員として加わっていること。大きなものに従属または付属していること。また、そのもの。
東寺百合文書‐る・明応二年(1493)八月九日・最勝光院方評定引付「多治目所属若党」
※蘭を焼く(1969)〈瀬戸内晴美〉「何とかいう楽団に所属しているセロ弾きが住んでいるのだと聞いているけれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「所属」の意味・読み・例文・類語

しょ‐ぞく【所属】

[名](スル)個人事物などが、ある団体・組織にその一員・一部として加わっていること。「テニス部に所属する」
[類語]直属配属専属帰属従属隷属隷従無所属属する配置役を振る付属付随付帯付き従う

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「所属」の読み・字形・画数・意味

【所属】しよぞく

属するところ。

字通「所」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android