コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜田広介 はまだひろすけ

7件 の用語解説(浜田広介の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浜田広介
はまだひろすけ

[生]1893.5.25. 山形,屋代
[没]1973.11.17. 東京
児童文学者。本名,広助。 1918年早稲田大学英文科卒業。在学中『黄金の稲束』 (1917) が『大阪朝日新聞』の懸賞童話に当選,『呼子鳥』 (18) ,『むく鳥の夢』 (19) などで童話作家としての地位を確立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はまだ‐ひろすけ【浜田広介】

[1893~1973]児童文学者。山形の生まれ。本名、広助。人間の善意をテーマに多くの童話を発表。小川未明とともに童話を文学の一ジャンルとして確立。作「むく鳥の夢」「泣いた赤鬼」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

浜田広介【はまだひろすけ】

児童文学者。本名広助。山形県生れ。早大英文科卒。初め小説を書いたが,のち童話に専念。《むく鳥の夢》《竜の眼の涙》《泣いた赤鬼》などの抒情的な作品で幼年童話の世界を開き,ひろすけ童話として親しまれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜田広介 はまだ-ひろすけ

1893-1973 大正-昭和時代の児童文学作家。
明治26年5月25日生まれ。大正6年童話「黄金(こがね)の稲束」が「大阪朝日新聞」の懸賞に入選。編集者から12年作家生活にはいる。その叙情的幼年童話は「ひろすけ童話」とよばれた。日本児童文芸家協会初代理事長。昭和48年11月17日死去。80歳。山形県出身。早大卒。本名は広助。作品に「泣いた赤鬼」「椋鳥(むくどり)の夢」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

はまだひろすけ【浜田広介】

1893‐1973(明治26‐昭和48)
児童文学者。山形県の生れ。本名広助。1918年早稲田大学英文科卒業。在学中,《万朝報》に数編の投稿小説が入選,掲載されたが,同じ在学中の17年,《大阪朝日新聞》懸賞童話に筆名赤名晨吉で応募した《黄金の稲束》が一等当選,その縁で《良友》に《ほろほろ鳥》《呼子鳥》を発表,結局,以後児童文学一筋の人生を送った。大学卒業後,春秋社,コドモ社,精華書院,実業之日本社などの出版社に勤めながら作品を発表,21年に処女童話集《椋鳥(むくどり)の夢》を刊行,23年からは文筆一本の生活に入った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はまだひろすけ【浜田広介】

1893~1973) 児童文学者。山形県生まれ。本名、広助。早大卒。人間の善意をテーマとした抒情性豊かな童話で親しまれる。童話集「むく鳥の夢」「泣いた赤鬼」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浜田広介
はまだひろすけ
(1893―1973)

児童文学者。明治26年5月25日、山形県東置賜(ひがしおきたま)郡屋代村一本柳(現高畠(たかはた)町)に生まれる。中学校時代はアンデルセン童話を愛読した。山形県立米沢(よねざわ)工業染織科に入学したが半年で退学、島崎藤村(とうそん)、蒲原有明(かんばらありあけ)、薄田泣菫(すすきだきゅうきん)、北原白秋(はくしゅう)らを耽読(たんどく)してますます文学に関心を抱き、1914年(大正3)早稲田(わせだ)大学高等予科に入学、ロシア文学に親しんだ。早大時代『萬朝報(よろずちょうほう)』に小説『零落』その他が投稿入選。17年処女童話『黄金(こがね)の稲束』が『大阪朝日新聞』に入選、賞金50円を得て生涯の道が定まった。選者巌谷小波(いわやさざなみ)は、この作品が人間の善意のみで描かれていることを賞賛した。早大卒業後、片上伸(のぶる)の紹介で春秋社の『トルストイ全集』を編集。さらに童話雑誌『良友』の編集に従事、かたわら同誌に『花びらの旅』『むく鳥の夢』を発表して認められた。その作風はストーリー性よりも情緒性を重んじ、詩的香気ある平仮名短編童話作家として定評を得るに至った。21年第一童話集『椋鳥(むくどり)の夢(ゆめ)』を刊行以後、多くの童話集を刊行、小川未明(みめい)とともに童話を文学の一ジャンルとして定着させた功績は大きい。代表作に『泣いた赤鬼』がある。55年(昭和30)に日本児童文芸家協会を設立、初代理事長となった。芸術選奨、サンケイ児童出版文化賞などを受賞。昭和48年11月17日没。郷里に広介墨跡保存会がある。[浜野卓也]
『『浜田広介全集』全12巻(1975~76・集英社) ▽『泣いた赤おに』(偕成社文庫・フォア文庫・ポプラ社文庫) ▽『浜田広介童話集』(旺文社文庫・講談社文庫・新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の浜田広介の言及

【児童文学】より

…これは,回想的・私小説的方法とともに,児童文学から物語性に富んだおもしろさをうばいとり,子どもを通俗文学のとりことして放置する結果を生んだ。その間にあって,宮沢賢治,新美南吉の童話は想像ゆたかな物語性で異色を放ち,また幼年童話における浜田広介は独特な調子で近代説話を語り,それぞれ戦中・戦後にわたって広範な読者をもった。 第2次世界大戦後,平和と民主主義という新しい価値観の到来とともに,《赤とんぼ》《銀河》《子供の広場》など文化的・進歩的な児童雑誌の創刊があいつぎ,一種熱っぽい状況のなかで,石井桃子《ノンちゃん雲に乗る》(1947),竹山道雄《ビルマの竪琴(たてごと)》(1948),壺井栄《二十四の瞳》(1952)など今日にも残る作品が生まれた。…

※「浜田広介」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浜田広介の関連キーワードあり子の記亀八くろ助同級生たち走れ、セナ!ユウキ神宮輝夫槙本楠郎横谷輝James,W.(児童文学者)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浜田広介の関連情報