コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細胞封入体 さいぼうふうにゅうたいcell enclosure; inclusion body

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

細胞封入体
さいぼうふうにゅうたい
cell enclosure; inclusion body

封入体ともいう。ウイルスに感染した細胞にみられる顆粒状の小体で,ウイルスの集落や細胞質の反応性または変性産物で,炎症組織の各種細胞や正常細胞にもときに散見する。痘瘡,猩紅熱,狂犬病,トラコーマなどの小体はいずれも封入体であって,これらを総括してクラミドツォアと呼んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

細胞封入体の関連キーワードサイトメガロウイルスヘルペスウイルスギムザ染色ネグリ小体宮川小体

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android