コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紺染(め) コンゾメ

デジタル大辞泉の解説

こん‐ぞめ【紺染(め)】

紺色に染めること。また、その染め物。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の紺染(め)の言及

【紺】より

…染色の一種。藍汁をもって染める染色法で,《倭訓栞》にも〈紺は藍を搔たてゝ染るもの也〉とみえるが,室町時代以降の商品経済の発達とともに,紺染が商業としても飛躍的に発展し,1349年(正平4∥貞和5)には,紺染を商う紺座や紺屋(こうや)の店舗と推測される史料がみられる。それとともに染色技法も高められ,室町時代初頭成立の《庭訓往来》に京都の〈猪熊紺〉があげられているのは,この染めがすでに京都の名産として名を成していたことを示している。…

※「紺染(め)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

紺染(め)の関連キーワード青差し・青繦・青緡・青差紺屋(こうや)硫化染料久留米絣室町時代灰屋紹由大津脚絆賀々女染物屋染色盲縞紺色紺屋捕縄

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android