コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

染(め)物 ソメモノ

4件 の用語解説(染(め)物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そめ‐もの【染(め)物】

布などを染めること。また、染めた布。
結婚して女が歯に鉄漿(かね)をつけて黒く染めること。
「かがみ見て―をするはづかしさ」〈柳多留・一〇〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

染物【そめもの】

染料を用いて染めた織物。織る前の糸を染める先染(さきぞめ)物と,織り上がった布を染める後染(あとぞめ)物に大別され,それぞれ無地染と模様染とに分けられる。模様染には,布地に色を加えて形を表す描(かき)染,型染,摺(すり)染と,防染法を用いて布の一部に染料が染めつかないようにする絞染,板締絞,蝋纈(ろうけつ)染などがあり,両者が併用されることも少なくない

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そめもの【染物】

植物性,動物性,合成などあらゆる繊維でつくった織物,編物などを浸染(しんせん),その他の方法で染めたもの。無地染と文様染に大別される。無地染は織物,編物を材質にしたがってさまざまな方法で精練あるいは漂白した後,手染または機械を用いて浸染,引染,吹染,パッティング染または媒染などの法によって色無地に染めたものをいう。織物発生後まもなく行われたと考えられ,世界各地で長い歴史を保ちつづけている。文様染の種類と方法はきわめて多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の染(め)物の言及

【染色】より

… 直接染料による木綿の染色の実例を次に示す。繊維重量の1~8%の直接染料,ボウ硝Na2SO4・10H2O10~40%,浴比(可染物重量に対する全染液容量)1:20~1:40の染浴をつくり,あらかじめ精練漂白した木綿を入れ,室温からゆっくり昇温して沸点近くで30~40分染色し,水洗,乾燥して完了する。反応染料による木綿染色は,セルロースのOH基と染料分子が共有結合をつくるため湿潤堅牢度が著しく高く染法も簡便であるので,今日最も重要なセルロース系繊維の染色法となった。…

※「染(め)物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone