紺色(読み)こんいろ

色名がわかる辞典の解説

こんいろ【紺色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「暗いみの」としている。一般に、濃い藍染の色をさす。古くは藍染の染物屋をといい、木綿の普及とともに染物屋全体の代名詞となった。それほどまで日本の庶民に親しみのある色。紺地に白い絣かすりのある紺絣は長く普段着の典型であった。現代でも剣道、弓道などの袴は紺袴であり、会社員のスーツも紺色が多い。また国が表彰する紺綬褒章こんじゅほうしょうの綬(リボン)は紺色。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紺色の関連情報