コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

終板 シュウバン

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐ばん【終板】

運動神経の末端が筋に接続する部分。特殊な構造をしている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうばん【終板】

運動神経が筋肉に到達する部位の筋繊維側の特殊な構造体。中枢からの興奮が終板に入ると筋肉の収縮が起きる。端板。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の終板の言及

【神経筋接合部】より

…運動神経繊維が筋繊維と接合する部分をいう。脊椎動物の骨格筋では,この部分を終板end‐plateともいう。運動神経繊維の末端は髄鞘がなくなり,枝分れして筋繊維表面の細胞膜と約500Åの距離で相対している。…

※「終板」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

終板の関連キーワード脊髄性進行性筋萎縮症運動ニューロン疾患バーナード カッツ神経筋接合部重症筋無力症ニコチン効果ツボクラリン神経筋伝達神経筋疾患生物電気神経終末視床下部筋弛緩薬運動神経骨格筋縫工筋椎間板構造体嗅脳部位

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android