組子細工(読み)くみこざいく

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

組子細工[木工]
くみこざいく

中国地方、島根県の地域ブランド。
安来市で製作されている。組子細工とは、釘などを使うことなく、切り込みほぞを入れた細い板を手作業で組合せて精密な紋様を編み出していく伝統技法で、1700年代に開発された。三本の細い板を正確に組み合わせて正三角形をつくる三組手という技法が生まれたことで、表現方法や模様の数が飛躍的に増加し、現在その組み方や技法は200通り以上も伝えられている。主に鳥取県産日本杉を原材料として使用している。島根県ふるさと伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

組子細工の関連情報