コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経会 キョウエ

1件 の用語解説(経会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょう‐え〔キヤウヱ〕【経会】

一切経を供養する法会。経供養。一切経会

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の経会の言及

【一切経会】より

…日本では673年(天武2)3月,初めて飛鳥川原寺で一切経を書写せしめたが(《日本書紀》),これを完成し供養したかどうかはあきらかでない。一切経会が文献に出るのは《初例抄》や《濫觴抄》の1069年(延久1)で,宇治一切経会または平等院一切経会とよばれるものである。すなわち宇治関白頼通が平等院ではじめたもので,《濫觴抄》には同年2月29日におこなわれ,のちに3月になったとあるから,桜の花の季節の華麗な法会であった。…

※「経会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

経会の関連情報