コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経常収支と貿易収支

1件 の用語解説(経常収支と貿易収支の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

経常収支と貿易収支

経常収支は、海外とのモノやサービスの取引や投資の状況を示す指標で、貿易収支、サービス収支、所得収支、経常移転収支からなる。財務省が発表した2013年の国際収支(速報)によると、経常収支の黒字は3.3兆円と比較可能な1985年以降で最少。海外への投資から得た配当や利子などからなる所得収支の黒字は16.5兆円に増えたが、輸出額から輸入額を引いた貿易収支の赤字が10.6兆円に膨らんだ。経常収支が赤字になると、赤字分を海外から借りることになる。

(2014-02-22 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

経常収支と貿易収支の関連キーワード経常収支ブランド化サービス移転収支国際収支拡大する日本の経常黒字経常収支(Current Balance)国際収支(International Balance of Payment)トレード・ショー経常収支と世界経済の不均衡貿易・サービス収支

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

経常収支と貿易収支の関連情報