コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経済大国責任論 けいざいたいこくせきにんろん

1件 の用語解説(経済大国責任論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経済大国責任論
けいざいたいこくせきにんろん

経済力のある国は国際秩序の維持,発展に積極的にかかわるべきだとする考え方第2次世界大戦後,世界はアメリカ圧倒的経済力のもとで,ガット国際通貨基金 IMFという2組織が貿易や国際金融ルールをつくってきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

経済大国責任論の関連キーワード国際経済法集中度第1次世界大戦富国鉄道警察経済力プルーデンス政策国際連合国連(United Nations)秩序の原理経済力の集中

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone