コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

債権国 さいけんこくcreditor country

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

債権国
さいけんこく
creditor country

対外債権が債務を上回っている国をいい,逆に債務超過の国を債務国という。日本は 1980年代に入り巨額の経常収支黒字を続けた結果,対外債権が累積し,85年以降世界最大の債権大国となっている。一方,アメリカは 75年には 1400億ドル以上の債権を保有していたが,その後経常収支の赤字が続いたため,85年には債務国となり,80年代末からは世界最大の債務国となった。ラテンアメリカ諸国も経済規模に比して巨額の対外債務をかかえており,その処理が世界的な金融問題を引起している。国際収支の発展段階論によると,発展段階の初期では国内の資本が不足しているため債務国になりがちであり,やがて経常収支黒字の定着とともに債権国となり,さらに成熟化してくると再び債務国に転ずるとされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

さいけんこく【債権国】

対外資産が対外負債を上回っている国。 ↔ 債務国

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の債権国の言及

【国際資本移動】より

…そのようにして計算した両者の差が対外純資産(負債)である。対外総資産が対外総負債を上回ればその国を債権国と呼び,下回れば債務国と呼ぶ。20世紀初頭のアメリカのように,資本輸出国でありながら,対外純資産残高でみれば債務国であったということもありうる。…

※「債権国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

債権国の関連キーワードインドネシア債権国会議CFAフランの切り下げミシェル カムドシュ円(日本の貨幣単位)インドネシア賠償交渉リスケジューリングドラゴ・ドクトリン国際収支発展段階説ワシントン体制ヨルダン(国)コンソーシアムロンドンクラブ利子支払い比率ドミニカ共和国経済大国責任論国際通貨問題日本資本主義パリ・クラブ国際金融市場国際決済銀行

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

債権国の関連情報