コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経済速力 けいざいそくりょく

3件 の用語解説(経済速力の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

けいざいそくりょく【経済速力】

自動車・船舶・航空機などにおいて、その用途・目的により、最も経済的である速力。速力と燃料消費量の比が最小になる速力をいう場合と、諸費用・運賃収入などの要素を加えていう場合とがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

経済速力【けいざいそくりょく】

交通機関を運用する際に,もっとも経済的になる速力のこと。燃料費のほかに資本費,荷役費なども含めて,単位輸送量当りの輸送コストが最小になる場合をいうことが多い。
→関連項目巡航速力

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けいざいそくりょく【経済速力 economical speed】

交通機関をもっとも経済的に運用できる速力。自動車の場合,単位輸送距離当りの燃料消費がもっとも少ない速力をいう場合が多いが,鉄道,船,航空機の場合,燃料費のほかに資本費,荷役費などを含めて単位輸送量当りの輸送コストが最小となる速力をいうことが多い。さらに交通機関の運航者から見ると利益が最大となる速力が経済速力であり,輸送コストは増えても,速力が上がればそれだけ輸送機関の稼働率が上がり,利益の増加が期待できるという面がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

経済速力の関連キーワードネットワークシステム交通機関交通難交通網通し切符フェリカ足を奪う移動警察振替輸送ホットモックアップ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone