交通機関(読み)こうつうきかん

精選版 日本国語大辞典「交通機関」の解説

こうつう‐きかん カウツウキクヮン【交通機関】

〘名〙 運輸機関通信機関の総称。一般には、道路、鉄道などの施設と、車両、船舶航空機などの運輸機関をさしていう。
※風俗画報‐一六八号(1898)漫録交通機関の停止」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉鉄道国有「鉄道の国家の交通機関として欠くべからざる事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「交通機関」の解説

こうつう‐きかん〔カウツウキクワン〕【交通機関】

運輸・通信に関する機関の総称。鉄道・航空機・船舶・自動車および道路・橋梁などと、電信・電話・郵便などの施設。多く、運輸施設をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「交通機関」の解説

こうつうきかん【交通機関】

人の移動,物の輸送,情報の伝達のために利用される手段設備などの総称。人が歩いたり,をかついだり,のろしを上げたりすることもその手段の一つであり,車を使い,舟を走らせたりもする。しかし技術の発達経済,社会の進展とともに,交通手段も飛躍的に便利な設備が利用できるようになった。そのための設備は,通路,運搬具,動力などの要素が,交通という目的のために一つのシステムとして機能するところに特徴がある。 交通機関は,固定設備と移動可能設備とに分けられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android