コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経済速度 けいざいそくどeconomical speed

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経済速度
けいざいそくど
economical speed

船舶,航空機,自動車,列車などそれぞれの交通機関の,経済的にみて最も有利な走行速度。ある程度をこえて交通機関の速度を増そうとすると一般に燃料消費量は急に増加しはじめるので,その少し手前の速度で走行すれば最小の燃料消費量で最大の運行距離が得られる。海運貨物などの場合には,特に速さを要求されないのでこの速度が経済速度となる。しかし航空旅客などのように燃料消費量が多くなっても所要時間短縮による乗客の経済的利益のほうが大きい場合には燃料消費が最小となる速度よりも高い速度が経済速度となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android